日別 アーカイブ: 2007年12月3日(月)

年末ジャンボ (第532回全国自治宝くじ)を、バラ10枚で買ってみた

世の中には、運がよければ1枚300円の紙切れで億万長者になれてしまうという夢のような商品があります。「宝くじ」ですね。
宝くじのようなシステムは、唯一”消費者が「損」をしてもまた買ってくれる“という運営元にしてみれば絶対に優位なビジネスが成立してしまうのです。だから国が法で取り締まっているのか。
これを俗に”ギャンブルの心理“などと言います。
が、わかっていてもおいしい側の人間になってみたい!!! この「宝くじ」システムの歯車の一部と分かっていながらどうしても買ってしまう、密かに億万長者を目指すシャイな皆さんのために、ネタにしてみます。
そう、最近更新のネタに困っていたのでちょうどいいじゃないかという、むしろハズレを楽しんでしまえる壮大なネタです。
前置きはこれくらいにして、とりあえず「第532回 全国自治宝くじ」いわゆる”年末ジャンボ“を買ってきましたのでその一部を今回のネタに使ってみましょう。
以下は簡単なルールです。

  1. 完全に、axe個人の自腹
  2. 買う (公表する)のは「バラ」10枚 (300円×10枚)
  3. 買ってきた宝くじ10枚の番号を抽選前に公表 (写真付きで証拠を残す)
  4. 当せんした金額はサイトで発表
  5. 当せん金の使い道はサイトで公表
  6. あくまでも、ただのネタなので熱くならない
  7. 高額当せんしちゃった場合は、どうかそっとしておいてください
  8. 「夢」を買ってます

正直、当たったときの事はよく考えてません。

買ってきました これで3,000円か・・・
抽選日は平成19年12月31日。年末です。
いつもは”組”単位で買うのに今回初めて”バラ”で買ってみました。公開してこのサイトで年末の発表を待つとします。バラで買うとこんな透明な袋しか付いてこないのね。売り場によっては小さい御守りステッカーが付いてきたりするけども。購入したのは都内の小さい売り場です。
あ、もちろんこれ以外にも買ってますので。

証拠写真
10枚全て並べてみました。真ん中は以前に作った【axe.com】のロゴです。証拠ということで。番号は以下。

年末ジャンボ
第532回 全国自治 宝くじ
[ユニット74]
19組 106398
28組 193287
37組 180132
46組 177076
55組 164921
64組 151865
73組 148710
82組 135654
91組 122509
100組 119443

こうしてみると下一桁が0~9まで10枚全てバラけているのはわざとなのでしょう。下一桁当せん (8等 300円)があるからでしょうけど、これは知らなかったなぁ。そのおかげで今まで組しか買わなかったんだけど。全て組違いなのも狙いだろうか。
バラなので、”前後賞 (5千万円×2)”合わせての3億円はあきらめますが、1億で十分です。

なぜか顔がにやける

等級 当せん金 本数
抽せん日 平成19年12月31日
1等 200,000,000円 1本
1等の前後賞 50,000,000円 2本
1等の組違い賞 100,000円 99本
2等 100,000,000円 3本
3等 10,000,000円 3本
4等 1,000,000円 20本
5等 100,000円 300本
6等 30,000円 1,000本
7等 3,000円 100,000本
8等 300円 1,000,000本
年末幸運賞 10,000円 10,000本
(上記は1ユニット (1,000万通)当りの当せん金)
1ユニットあたりの当せん金額とその本数になります。狙うのはもちろん1等・・・ではなくて損益分岐点の7等 (3,000円)ですかね。ひとまず。
今回、計10枚買って下一桁は全てそろっているので、8等の300円は返ってきます
1ユニットの販売数が1,000万枚なので、そのうちに8等 (300円)を除いた当せんくじは11万1,428本あります。単純計算89.74、つまり約90枚に1本は3000円以上の当せんが望める宝くじが含まれていますね (ユニット全て販売できたと仮定して)。
はい、無理です。無謀です。
しかしっ、買わなきゃ当たらない。
ちなみに今までの、ボク個人の最高当せん額は”3,000円“です。
宝くじ詳細
名称:「年末ジャンボ宝くじ」(第532回全国自治宝くじ)
発売期間:2007年11月26日 月曜日~2007年12月21日 金曜日
発売予定額:2,220億円
発売元:全国都道府県及び17指定都市
発売地域:全国
価格:1枚300円
抽せん日:2007年12月31日 月曜日
会場:東京厚生年金会館〔アトラクション付き〕
1等賞金×本数:2億円×74本、前後賞 5,000万円×148本 (74ユニットの場合)