[風-ふう-] 6日目

by axe | 2007年4月18日(水) 23:59

今日からずっと昼夜2回公演。そして多分中日。
[颪組] マチネ 14:00
だいぶ落ち着いてきたかも。公演直前まで身体が起きてない、テンションが上がらないーなんてみんなしていってたけど。カーテンコールは負けナシね。皆さん暖かい。
一番心配していた平日昼間の動員数だけど、思った以上入っていてビックリ。実は夜より多かったです。
[颶組] ソワレ 19:00
本番中の右も左も、この時にこのキャストはどんなことをしているとか、自分以外のことがいろいろ分かってきた。余裕ができて芝居に集中できるようになってきた。
感情の作り方も目指すところがはっきりしてきたと思う。自分が思っているよりも、よっぽどシンプルなことだった。
■ 差し入れ
本番に入ると、各本面からの差し入れで楽屋がどんどんお菓子だらけになっていきます。公演期間中はあまりガッツリと飯を食べないので、この差し入れがとても助かる。パクパク食べてるとすぐに腹が膨れます。ありがたい、ホントありがたい。
でも公演が始まると体重はだんだん減っていくんだなぁ。


この記事へのコメント (3)

  1. ペコ

    舞台お疲れさまです☆彡
    どちらの回も見させて頂いて、本が同じでも役がちがければ、芝居がこんなにかわるんだあって思いました!AXEさんの本役の際の殺陣のとき、空気が変わった気がします♪
    怪我に気を付けて頑張ってください(*^_^*)

    返信
  2. 藤宮 りん

    axeさん こんばんは。
    連日の舞台、本当にお疲れ様です。
    本日、颶組の公演を拝見いたしました。axeさんの台詞や殺陣が、波となって『押し寄せてきた』感じがしました。
    その波は、axeさんの作品や観客に対する【責任】と、ご自身の俳優としての【プライド】が動力源であるが故に、受け止める側である私はそれはもう必死でした(笑)。でもそのお蔭で、終演後には心地よい風を感じながら、劇場を後にする事が出来ました。
    明日はいよいよ最終日ですね。どうぞ最後まで楽しんで、大暴れしてください(笑)。
    axeさんに、これからも素晴らしい風が絶え間なく吹く事を、心よりお祈りいたします。
    浅葱色の隊服、とても良くお似合いでした。

    返信
  3. axe

    >>ペコ さん
    颶組 – 安藤早太郎 (新撰組1番隊)
    颪組 – 松下喜三郎 (おゆうの兄さん。宮部側)
    この2人は全く違う役割、キャラクターなので演じている側としてはとても楽しかったです。
    殺陣はもっともっと頑張っていかないとなぁと。
    とにかく”表現”は奥が深い!!
    >>藤宮りん さん
    ありがとうございます!
    バタバタしておりましてコメント出来ずに申し訳ありませんでした。
    このコメントを見て大変嬉しかったです。
    楽日は僕自身の中にある役を出し切れたと思っております。
    無事に公演を終えることもでき、その当時のことはのんびり更新していこうかと思ってますので、これからもチラチラ覗いてやってください。
    そして、『風2』もご期待ください!

    返信

コメントする…