ぎったんばったん

by axe | 2006年8月28日(月) 23:55

仲良く並列で、同時進行している事柄が多すぎて、ミョウな擬音を立てながら自分の考えとは別のベクトルで物事が進んでいく。
今までと違うのは全てが”責任”として僕自身に降りかかってくるということ。だけど客観的に見てみると、僕のやっていることに対しての”降りかかる物”はかなり曖昧で漠然としている。砂漠の中で水遊びがしたいわけじゃない、でも海での砂遊びはしたい。
言葉を選んでいる僕を客観的に観察している自分がいて、頭の中で並列に、何人もの小人がせわしなく動き回る。デュアルコアで出した答えは自分の動きを極力狭めないワードが優先される。
最近、どこに行っても謝ってばかりだなぁ。

LINEで送る
Pocket

コメントする…