[KIKI] 楽日

by axe | 2006年3月19日(日) 23:25

もう楽日。いつも思うのだが、今回は特に早い・・・。まだまだ役についてやりたいこと、やり残したことがあるような気がして・・・こんなに不安な楽日は生まれて初めてだ。ただし、いい意味での不安、緊張感なのかもしれない。
マチネ (13:00~)
昨日の夜にどうしても行けないとお客さんが1人減ったが、急遽別の組から8人増えることになった。ありがとうございます。今日も満員が予想されると言うことで、急遽来れるようになったお客さんに早めに来場するように促した。
初日以外ポカもなく(笑)、きちんとこなせている。が、こなしてはいけないのだ! あと2回しか演じることのできない役なんだぞ!! と始まる前に散々自分に言い聞かせていたが、始まってしまうとまったく関係なく役に集中できた気がする。共演者のおかげなんだろう。今回、初日からかなり助けられています。
ソワレ (18:00~)
最後の最後。大楽です。全ての台詞が、全てのシーンが愛しくて、大切な時間でした。開演直前はかなり不思議な気持ちで、役と自分の間でずっと揺れていた感じでした。客入れ開始から開演までの約30分間で、だんだんと役に移行していくのです。
始まってしまうと本当にあっという間で、台詞一つ一つをかみしめながらも確かにみんなの気持ちが繋がっているのを感じました。
今回の舞台で、役を最後まで愛することとその大切さを改めて痛感しました。もっとできる、まだやれると、この経験は自分を押し上げてくれるはず。
そういう意味で、今回の役者さんと共演できて本当に良かったと思います。少女役の方には特に感謝しています。とても熱心に取り組んでくれて僕一人じゃ決してできなかった段階まで踏み込めたと思います。感謝感謝。何より、こういった役作りのアプローチができて、これからにつながるものが見出せた気がするからです。今現在、もっと演じてみたいと感じています。僕はまだまだ、もっと大きくなれそう・・・上へいけそう。ワクワクします。
あ、大楽が終わって客出しの時に、観に来てくれたある劇団の主宰から「是非うちの舞台に出てくれないか」と誘われました。こういったオファーが来たのは初めてじゃないけど、今回の僕を観て、どういう役を考えてくれているのかという点でとても興味があります。舞台は8月だそうです。その時期は・・・どうかなぁ。どんどんやっていきたいんだけど・・・。


コメントする…