月別 アーカイブ: 2月 2006

ふと気づくと20000HIT達成

いつからか、何も更新しなくても、ちょろちょろと見てくれている人がいるんですね。
とんと書いてなかった日記を更新します。バリバリと。
と気づけばもう2月の最終日。今月も何とか達成ベースなので仕事中に更新してますけどw。最近はもっぱら仕事中の更新ですな。家でじっくりPC見ないから、というか見る時間無いから。
しかし、こう書いている時間があるだけ幸せってもんです。だって、あと何十時間で、3月始まっちゃうんだもん・・・。
今月は28日までなので、来月も曜日が同じです。これ結構混乱します。舞台のお知らせ送っても、1ヶ月間違えて返事くれる人もいたしw。
そんなこんなで今日も早めに仕事をあげて稽古です。稽古後は先週受付を手伝った『キャバレースワンⅣ』の打ち上げに。といっても21:00以降だから顔出していくくらいかな。
飲みが続くけど、まだ火曜日という現実(笑)。
あれ、まだ週初めだっけか?? 昨日はジャンプも出てたし。
月末と月初が週の初めで重なると精神的に疲れる気がするのはオレだけだろうか?
土日にちゃんと休んでないってのも、原因と思われ。

スポンサーリンク

日曜日

今日は日曜日。自分にとって日曜日はお休みではなく、”バイトがない日”。レッスンの後、稽古に行っておしまいです。
ああ、明日は月曜日か。月末の週末。明日は週初めから全開でいかないと、3月ついていけなくなってしまうぞ。気合を入れなおさなくては。
と、そんなこと言っているうちに月曜からは3月15日の仕込みまで毎日『KIKI』の稽古が・・・。あれ、ちゃんと休んでる時間なくない??
ともかく来月も数字を追っかけたり、台詞を追っかけたり(駄目だろ役者としてw)の毎日には変わりないでしょう。そうでしょうきっと。
あ、今日はトリノの閉会式でした。日本時間の早朝4時に打ちあがる盛大な花火を、いったいどれだけの人が見るのだろうか。

スポンサーリンク

ダンスライブを観て

前に出演したミュージカル『りめいく』でダンスの振り付けでお世話になった上瀧緑先生のダンススタジオ”ZaSSO”のダンスライブ(定期公演)を観てきた。
スケジュールが合わなくて、急に頼んだチケットが何とか取れたようで、会場に着いてライブが始まるころには会場の後ろに、立ち見のお客さんでいっぱいでした。
久しぶりに見たダンスライブ。かなり面白かったです。振り付けが緑先生らしいなぁと、『りめいく』頃をチラチラと思い出しながら観てました(笑)。
大学の頃サークルでやったダンス公演が懐かしい。もうあんなん踊れないだろうな・・・。緑先生にはいつも声をかけられてるんですが、西荻窪じゃなぁ・・・。
物理的距離と精神的な距離なのだろうか。やってみたい気持ちはあるが、時間的に忙しかった最近はこのライブを観るまで”ダンス”は頭になかった。
じゃあやってみるかというわけにはいかないが、機会を見つけてまた向上心をもってダンスをやりたいなぁ。
ありがたいことに他の人から見て僕のダンスは、”趣味”というよりはうまいみたいなので。

スポンサーリンク

金メダル

朝起きたら、家族の声が聞こえてきました。
「じゃあもうメダル確定?」
え、取るんだ。というか”取れるんだ”。そういえば昨日の夜はそのままコタツで寝てしまったな。金曜の朝から金メダルですか。なんか語呂がよくていい感じです。日本人はメダルが取れてホット一息と言ったところ。
結局メダルが取れなくて、「やっぱりあの選手にしておけばよかった」とか「スポンサーの関係であの3人に決まったんでしょ」とかそんな会話がチラホラ聞こえるよりはぜんぜん健全だと思います。
前半、中盤と、トリノは散々な結果になっていても、なんだかんだいって日本中がワクワクしているのをひしひしと感じる今日この頃。また今日も寝不足談議が交わされることでしょう。

スポンサーリンク

SO902iの発売日

待ち焦がれているFOMAの”SO902i“ですが、もう2月の下旬になってしまうよ、後から発表された「702i」シリーズももう出てしまったよ、と言うわけでヨドバシのドコモ店員に聞いてみました。
人の良さそうなお兄ちゃんが答えてくれました。
「SO902iっていつ頃発売されるんですか?」
「3月中旬予定と聞いてますね」
「さ、3月ですか・・・!? (断定しやがった・・・)」
「ええ、今のところ。3月の10日から20日の辺りかと・・・」
なんとッ!! 2月中旬と思っていた発売日が、いつの間にか3月にずれ込んでいるばかりか、3月の中旬になっていました(しかもあくまで”予定”)。いつまで待たせる気ですか、ドコモさん・・・。ネットではもう「902is」シリーズの噂もちらほら出てきてますが(5月あたりに出るらしい)。(-_-;)しかし、さすがにそこまで待てません。
3月中旬って、その時期に出たとしても買うのは本番後かな。ちょうど本番と重なったりして(笑)。しかし、本番は3月17、18、19日の3日間。十分にありえそうだから怖い。しれっと17日の金曜日に出そうだな・・・。初日だよ。

携帯番号変えようかと

携帯電話をそろそろ変える予定なんですが。
今Docomoは、新規で契約すると電話番号の末尾4桁を自由に選べるらしいんですよ。
このサービスは、2月20日から始まってます。
「番号選べるサービス」っていうんですか。
そのままですねw。
手数料は315円で、ドコモのPHSから携帯に移行する際は無料となっている。
希望の番号をその場で調べてもらい、該当する番号が空いていた場合のみ可能。
チャンスは3回で、「7777」のような同じ数字が連続する番号は禁止。
「1234」のような連番は可能だが、3回の検索で欲しい番号が見つからなければ、希望の電話番号は使えない。
今新規契約すると番号は「080」になるんだろうか。
チャンスはたった3回かよ! とお思いかもしれないが、下4桁というのがミソ。
前の4桁は各自でバラバラなので、同じ下4桁もまだまだ空きまくってるのが現状だろう。
だから、希望の番号が取得できる可能性は高いはず。
いっそのこと新規で変えちゃおうかなぁ。
あ、そうするとメールアドレスも変更しなきゃいかんのか。
まぁ、この際いいかな・・・。
サクッと変えてしまうかも。

受付手伝い

劇遊舎 SO-TO 最高 DELUXE (S,S,D)のエンターテイメントライヴ『キャバレースワンの涙Ⅳ ~ルリは丘の上で泣いちっち~』の手伝いで、受付をやってきました。
実は舞台の受付手伝いをやったのは初めて(ほかのバイトではやってたけど)。
少し戸惑いながらも、まぁまぁ慣れてきたらよくできたんじゃないかと。
お待ちくださいって言うのに、聞かない人多数(笑)。
なぜ、半券を受け取ろうとしないのか。
場所は去年同様、渋谷のクロコダイルというお洒落なBAR(ワニのチャーハンが食べれます)。
ディナーショウのような形の歌あり芝居あり、ダンスありの豪華なライヴになっています。
とても盛り上がっていました。
最終回が21:30からで、終了時刻が23:30・・・。
終電ないっすよ、完全にw。
しかし、こういう形で手伝いができてよかったです。
ああ、そういえばフライヤーデザインも担当してるんでした。
主催劇団の名前を間違えるという腹切りもののミスが発覚して、穴があったら入くぁwせdrftgyふじこlp;w
今度こそ誤字はないと思ってたのに・・・。
やっぱり、ぶっこみの勢いで作成するのは良くないな。
関係者の方々、まことに申し訳ありませんでした。

KIKI ~未だ見果てぬ宇宙の狭間で~

『KIKI』-表
『KIKI』-裏
Site Seeing party vol-0.1
『KIKI ~未だ見果てぬ宇宙の狭間で~』
Time table
3/17日(金) 19:00
3/18日(土) 14:00/19:00
3/19日(日) 13:00/18:00
 (※ 開場は開演の30分前)
Cast
石田小百合 (東京P.R.O)、斧口智彦、鈴木雅康、関位泰成、高橋絵理加、たくろー (MFビレッジ)、南利寛、松山直美
Staff
作・演出:村口雅俊
舞台監督:杉本幸夫
音響:日野大
照明:栗山ゆき
製作:大川内淳子
宣伝美術:Yuki
Ticket
前売:¥1,500
当日:¥1,800
高校生以下:¥1,000
 (※ 全席自由)
Place
中野テルプシコール
→ JR中央線中野駅 南口(徒歩7分)。
Story
 私が彼の部屋から見つけ出したのは彼の日記だった。
 書いてあったのは他愛も無いこと。
 好きだった鉱石のこと、宇宙のこと、そして物語。
 私は本に手をかける。そして広がりを見せる彼の物語が、私を引きずり込んでいく。
 懐かしさと かけがえのないもの
 生きる希望と 心の支え
 僕たちの 記憶と心を廻る旅

——————————–
今年最初の舞台です。
去年の2月に公演した『愛する者のために歌う唄』の「SSp」第2弾です(といっても”vol-0.1″ですがw)。
12月とは打って変わって、シリアスなお芝居になります。
作・演出は前回から変わらず、主催の一人である村口がやっているんですが、今回は役者として出演せず、演出に徹します。
キレイな作りになっているかと。
ご期待ください!!

親兄弟にバレる

ポスター画像
柿喰う客 第6回公演
『親兄弟にバレる』
[Cast]
半澤敦史、七味まゆ味 (長谷川真弓改め)、コロ、本郷剛史、高木エルム、玉置玲央、中屋敷法仁、深谷由梨香、高山銀平 (カカフカカ企画)、斗澤やすあき、丹羽美貴、大森茉利子、石橋宙男、加藤槙梨子、本田けい、山下恵、目黒茂、竹中めぐみ、菊池佳南、吉田能 (PLAT-formance)、佐久間哲也 (フラッシュアップ)、冨樫雅人 (中央大学第二演劇研究会)、山田泰史 (帝京大学ヴィクセンズシアター)、堀越涼
※日替わりゲスト:「カカフカカ企画」から、2~5人。よさげな人。
[Staff]
作・演出:中屋敷法仁
舞台監督:佐藤恵
舞台美術:のむらたかよし+「今夜もやっちゃうよ」
照明:富山貴之
音響:佐藤大祐 (今夜もやっちゃうよ)、飯沼玲美、中田真紀子
宣伝美術:高松宏行
WEB: 田畑諭(文藝【ajo】)
制作:佐久間哲也、笹浦暢大(ともにstage support ubs)
製作:stage support ubs/東京SP
協力:カカフカカ企画
[Time table] ★=観にいった回
2/08日(水) 19:00
2/09日(木) 19:00★
2/10日(金) 14:00/19:00
2/11日(土) 14:00/19:00
2/12日(日) 14:00/19:00
2/13日(月) 13:00/18:00
(上映時間:約120分)
[Ticket]
前売:¥1,200
当日:¥1,500
[Place]
早稲田大学学生会館B203 (東京メトロ東西線・早稲田駅下車)
東京都新宿区戸山1-24-1
[WEB柿喰う客]
http://kaki-qoo-kyaku.hp.infoseek.co.jp/
インプレッション
対立する両家を描いたストーリー。設定だけでもかなり面白そうなキャラクター達がいっぱい出てきます。
でも、内容がとことこんエロイ。そしてバカ。もちろんこれは褒め言葉なんですが。
メインでやっていた男性のキャストが、”柿喰う客”にいままでないタイプの役者だったんで珍しかったが、意外とバランスが取れていて良かった。
勢いとテンポだけで見せ続ける構成は思わずうなってしまうが、粗もある。台詞が聞きづらいのと、役者の演技にずいぶん差がある。まぁ、大人数の舞台なのでしょうがないのだろうが。
ただ、同じ演技者としてはうらやましくも感じる。こういう芝居をとことん自分を馬鹿にしてやってみたいなぁという思いがどこかにあるからだろう。
評価:★★★★☆

どんな事が起きても

今日一番笑ったこと。
livedoorホームページから”ブログ”をクリック。
すると画面上部に書いてある一文、
「どんな事が起きても、さくさく動くブログ」
仕事中に大笑いしてしまったw。
“どんなことが起きても”という表現は皮肉にしか聞こえないんですけど。
livedoor自ら言うから面白い。
社員の潔さが感じられます(開き直りとも取れますが)。
ちなみに以前使ってたときは、さくさく動かなくて有名でしたw。