“RSS 1.0″フィードが見当たりませんが・・・

by axe | 2005年10月23日(日) 19:12

朝から時間があったので、サイトをちょこちょこいじくっていた。
すると、一つ問題が。
RSSフィードのリンクが切れていて、RSSの取得ができないらしい(昨日のコメントで発覚)。
なぁに簡単。コメントで指摘があったように、rdfファイルへのパスを書き直せばすぐに直るだろう。
最初はそう思っていたが・・・、はて?
ちょっと待てよ。
いつも言ってるが、サイトは移行してもドメイン使ってるので、基本的なファイルへのパスは変わらないはずではないか?
おかしいなと思いサーバを調べてみると・・・、rdfファイル自体が無いじゃないか。
間違えて削除してしまったのかと思い、MT3.2のデフォルトテンプレートを見てみると、やはり最初から存在しないようだ。
rdfファイルとはRSSフィードを出力する形式で”RSS 1.0″に対応している。
他にも、”RSS 2.0″と”Atom”という形式があるが(共に出力ファイルはxml)、こちらはデフォルトでも生成されているようだ。
ということは、MT3.2では”RSS 1.0″は作られない仕様になったのだろうか。
以前のMTを削除して、最新バージョン(MT 3.2-ja-2)をクリーンインストールしたので気づいたが、この変更はリリースされてないような・・・。
結局、新しく”RSS 1.0″フィードのテンプレートを作成して解決(前のバージョンのテンプレートをまんま使っただけだが)。
これで以前と同じようにRSSリーダーで読める・・・、ハズだ。
今日は、出かける前までデザインやコンテンツの整理がしたかったが、そちらに時間を費やすハメに・・・。
ついでに”続きを読む”のJavaスプリクト作ったりはしましたが。
こっちは簡単で、結構便利です(PCサイトでのみ)。
※ ちなみに、【RSS】の解説はこの下。


【RSS】
読み方:アールエスエス
フルスペル:Rich Site Summary
別名:Really Simple Syndication, RDF Site Summary
 Webサイトの見出しや要約などのメタデータを構造化して記述するXMLベースのフォーマット。主にサイトの更新情報を公開するのに使われている。
 RSSで記述された文書には、Webサイトの各ページのタイトル、アドレス、見出し、要約、更新時刻などを記述することができる。RSS文書を用いることで、多数のWebサイトの更新情報を統一的な方法で効率的に把握することができる。


この記事へのコメント (2)

  1. xone

    修正お疲れさん。登録確認しました。
    Lunascapeってブラウザを試してて、動的リンクを登録しようとしたら偶々発見してしまいました。
    しかし、俺のブログでは普通に発行できるのに、何でだろうねぇ。ちと、不思議。

    返信
  2. axe@管理人

    >>1 xone さん
    ご指摘ありがとうございました。
    当方まったく気付きませんでw
    なんででしょうね?
    MTは今回のバージョンから、アップグレードもフルインストールと統合されたじゃないですか。
    だけど、アップグレードした人は前回の設定を引き継げるように、うまくできているんじゃ・・・ぐらいしかわかりません(笑)。
    そう思っときます。

    返信

コメントする…